サレ妻さちの裏話⑤-1前編「実は恐喝されていた私」インスタ未公開シリーズ

今回は、インスタでは紹介していない裏ストーリーのお話をします♪

元旦那が「やり直したい」と言った際に、出て行ったときに持っていかれていた通帳とカードを返してもらいました。

しばらくは、再構築しようと頑張っていた元旦那ですが、私がすぐに許さないことに腹を立てたのか、はたまた我慢の限界だったのか…。

だんだん攻撃的になってきました。

「僕は死にます」死ぬ死ぬ詐欺をする旦那/32話

2019-08-25


連絡が途絶えてしまって、しばらく経ってからこんなことではいけないと話合いを開くことを提案しました。

その際に、元旦那は「冷静に話合いが出来るように第三者を連れて行く」と言い出しました。

謎の後輩教師

待ち合わせ場所まで行くと、見たこともない男性が座っていました。

さち
誰?
と聞くと、元旦那は
旦那
後輩、コイツも教師

と答えた。後輩が私にペコっと頭を下げてきた。

旦那
コイツ全部知ってるから大丈夫
と謎の発言…。


何が大丈夫かは知らないが、名前は藤木というらしい。

藤木くんは、元旦那と仲が良く、一緒に飲みに行ったりしていたそうだ。

二人はずっとヘラヘラしていて、その態度にイライラする私。

私が元旦那に色々質問をしている間も、藤木くんはずっとニヤニヤして笑いをこらえているような感じだった。

借金の取り立て

話合いで私の思いは全て伝えましたが、元旦那の返答は

旦那
すぐに答えられないから落ち着いたらLINE等で答える
とのことだったので帰ろうとすると…。

旦那
ちょっと待てよ!!
実はさ、コイツ(藤木)に金を借りてるんだよねー…



は?



藤木「そうっすね


さち
…。

なんなの、そうっすねって…。


さち
は?で、一体いくら借りてんの?

旦那
えっと…いくらだったっけ?


なぜか借りた金額がわからない元旦那


藤木「だいたい20万くらい?


貸した藤木もわかっていないという摩訶不思議な現象だ。


さち
だいたいって?え、借りた方も貸した側もわからないの?
おかしくない?何でそんなアバウトな金額なの?


藤木が「じゃあ20万円です」そう答えた。



じゃあって!!怒
おかしいだろ(笑)


旦那
とりあえずさ、今からATMにおろしに行こうぜ


は?今から?

さち
いやいや、いきなり言われても無理なんですけど。
しかも、何に使ったの?
それにいつ貸したのかもわからないのに、ハイ!わかりました。とかならないでしょ



旦那
後輩の前だから恥かかせんなって

さち
えっと…借りてることが恥だよね…?


藤木「僕もお金ないんで、すぐに返して欲しいですね


さち
藤木君も初対面で申し訳ないけど、ハッキリと分からない状態で返せないから


旦那
金払うまで、家に帰さねぇから


藤木「今すぐ払ってください、恥ずかしくないんですか?嫁として

藤木「てか、お子さん精神的な病気なんでしょ?(笑)
それって、やばくないっすか? 母親のせいじゃないですか?」

何だいきなり?もうボロクソだな。
これが教師?本当に?あり得ない。

情緒不安定になったのは元旦那のせいなのに、しかも教師のくせにそれを笑うとは…。信じられない


初対面で何も知らないくせに、失礼極まりないやつだ。

元旦那のしょうもない情報だけで真に受けとめやがって。


腹も立つし、無理矢理帰ろうとすると
元旦那が壁を叩き

旦那
お前ふざけんなよ!!!

それを笑っている藤木

旦那
今すぐ払えって!!

これは完全なる恐喝だ。
この二人の行動を恐ろしく感じた。


私は
さち
トイレに行く
と行って、隠れてそのまま帰った。

この話は今から数年前の話。だけど話はここでは終わらない…。

恐喝教師の現在

時は経ち、つい最近私と娘が買い物に出かけた際に、たまたま藤木に遭遇した。

藤木は結婚していて、しかも子どもまでいた。

私はとくに気にしていなかったが、すれちがった時に藤木が私と娘を指さして嫁に耳打ちをしながら笑っていた。


え…私ら何で笑われてんの?

ちゃーちゃん
ママ、あの人に何で指さされたの?
何で笑っているの?

藤木は、娘が気づく程のオーバーリアクションだった。


正直、当時は藤木の行為と言動はすごく腹が立った。

だが、もう関係ない人だからと忘れるようにし感情を抑えていたのに…。

私は旦那と別れて幸せな日々を送っていたが、幸せの邪魔をされた気分になった。

こんな感情になるのは久しぶりだった。
私たちは何か笑われることをしたのか?

さち
許せない。
何かが音をたてて壊れた。


実は、当時の恐喝の件ですが、二人には内緒でボイスレコーダーを忍ばせておいた。

当時の暴言や恐喝行為は全て録音されている。

長い間ずっと温めてきたかいがあった!!(笑)

娘が小学校に上がる際、藤木は娘の通う学校ではなかったが、娘が在学中に移動して担任になる可能性もあり、このまま無視できる話ではないと思った。

そのため藤木の勤務していた学校に電話をかけた。


偽名を使い、藤木を呼び出してもらった。

藤木☎「もしもし、お電話変わりました、藤木です。」

さち☎「私、誰かわかりますか?」

藤木☎「佐藤さんですよね?」

さち☎「違います、先日買い物先でお会いしましたものです」

藤木☎「…えっと。すみません、ちょっと覚えていないですね」

さち☎「そうですか、(元旦那の名前)はご存知ですよね?」

藤木☎「え…はい。」

さち☎「元嫁です。お久しぶりですね」



           話は次回に続きます。

インスタでは公開していない「サレ妻さちブログ」の裏STORY①※15禁

2020-04-27

W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?

14 件のコメント

    • コメントをありがとうございます!
      忍耐は強くありません!ただ執念深かっただけです(笑)
      当時は藤木どころではなかったので、それが一番の理由です。

  • 初めまして、インスタ、ブログ共に読ませて頂いています。
    ナイスボイレコですっっ!!
    こども隣で寝てるのによっっっしっ!!なんて声出してしまいましたww

    こんな教師にこどもの担任なんてしてもらいたくない!

    • コメントをありがとうございます!
      「よっっっしっ!!」なんて言っている鞠様を想像したら
      めっちゃ笑いました(笑)
      きっと我に返ってお子様が起きていないか確認されたんじゃないかなとか(笑)
      大事な我が子をこんな教師に預けたくないですよね。

  • 藤木が教師というのは嘘かと思いましたが、本当にそんな人間が教師してたんですね。。元旦那といい藤木といい、子供たちに関わらせたくありませんよね。でも録音されてて良かったです!!!

    • コメントをありがとうございます!
      残念ながら本当に教師をしていました‥‥
      大事な我が子を預けたくはないですよね。
      ボイスレコーダーは私の大事な相棒だったので!笑

    • コメントをありがとうございます!
      私の相棒だったので、バッチリ録音させて頂きました!(笑)
      ありがとうございます、もうしばらくお待ちくださいね!!

  • あああ何で録音してなかったのー!!と思いながら読み進めていったらバッチリ録音されていたとのことで(笑)心配ご無用でした
    藤木はほんとに教師だったのですね。それさえ疑うくらい人間性皆無な人…
    よく嫁もらえたな〜と思ったけど自分の旦那が人様を指差して笑うだとか。そんな事自分の隣でした瞬間にブチ切れするけど、類は何とやら…でその嫁も何とも思ってないんでしょうね。
    こんなクズが揃いも揃っているもんなんですね…
    口が悪くて申し訳ないですが、ほんと消えたらいいのに。って毎回見てて思います…

    • コメントをありがとうございます!
      多分当時の彼らも、私がまさかボイスレコーダーを忍ばせているとは知らず
      好き放題言っていたのでしょうね…(笑)
      藤木くんに関しては、教師とは思えないような言動、行動ですよね。
      奥様になんて耳打ちをされたのかは知りませんが…
      きっとおもしろいお話を聞いたのでしょうね。
      どろんと一瞬でお願いしたいですね!!(笑)

  • インスタ、ブログ共にいつも拝見しています。
    元旦那さん含め、よくこんなにクズばっかり集まったなぁと思います(ごめんなさい)
    ボイスレコーダー仕込んでたなんて、ナイスプレー過ぎてワクワクします。
    早く続きが読みたいです!!

    • コメントをありがとうございます!!
      いつもインスタやブログを見て下さり本当にありがとうございます。
      教師とは思えない行動や言動ですよね…
      ナイスプレーだなんて嬉しすぎます!!
      変人と思われたらどうしようかと少し不安でした(笑)
      すぐに続きを書きますね♪

  • ほんとに元旦那も周りも全員クズですね。ボイスレコーダー仕込まれてたとの事で、ガッツポーズが出てしまいました。

    • コメントをありがとうございます!
      ガッツポーズならよかった!!(笑)
      気持ち悪いと思われたらどうしようかとヒヤヒヤしました!(笑)
      続きも見て頂けたら嬉しいです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です