義実家に両親と乗り込む/3-7話

私は旦那と話合った次の日、実の両親と義実家に乗り込んだ。

連帯保証人を了承したはずだったのに、なぜ白紙になったのか義父母に問いただしたかった。(娘は祖母に預けていました)


旦那の実家の向かいには、義祖父母も住んでいた。

私たちが旦那の実家の前に車を停めた際に、車の音がしたからなのか、外に出てきた義祖母。

私は、義祖母のことを別居前まで何も悪く思ったことはなかったのですが…、



義祖母「大勢で何事ですかね。」

実父「今日は、ちょっとご両親にお話がありまして。」

義祖母「はぁ…」

え?ため息?

義祖母
最近ね、あの子(旦那) が私のことを「クソババァうるさい!」なんて言うんですよ。

さちちゃんと結婚する前は一度もそんな風に言ったことなかった優しい子だったのに…。

さち
…。



義祖母
どうしてこんな風になってしまったのだろうかと思うと寝られないんですよ(再度ため息)

私も私の両親もポカーンとしてしまった。

義祖母の話は止まらない

義祖母
それに私…。
今年乳がんで両方切除したんです。

そしたら、友達に言われたのですけど、ストレスが原因なんですって。



さち
は?!



義祖母
おじいさんの胃がんの全摘手術に続いて今年は私の乳がんでしょ。

まわりで人間関係がダメになると、ストレスで心がダメになるんです!

家の中に良くない気が蔓延していて、みんなまいっているのよ。
誰のせいとは言わないけれど、こういうのって本当にたまらないわ

おい、ちょっと待て。
私たちが被害者なんですけど!

私の父が口を開いた。

実父「小さな孫のことを考えたら、今自分たちがどうこう言う問題じゃないでしょう。
元を正せば旦那君の不倫が原因じゃないですか!
旦那君の無責任な行動をどうお考えですか?


さちの母
詳しいお話はお聞きになっていますか?


義祖母
義母ちゃんが、「おばあさんの身体に悪いから言わないでおくわ」って言ってくれてるのよ」

いやいや、都合が悪いから言わねぇだけだろ。
この瞬間に義祖母も大嫌いになった。

さち
あのお宅のお孫さん、教師辞めてホストしていますよ。
そのことはもちろんご存知なんですよね?


義祖母
ホスト???


どうやらこの世代の方は、ホストという職業を知らないようだ。

義祖母
とにかく私の孫ちゃんがずっと病んでいるみたいで、可哀想で心配なのよ。

誰かさんのせいで学校も今は鬱で休職しているみたいだし

だーかーらー、とっくに退職しているっつうの(怒)

義祖母
何で、結婚してからこんな風になったのかしら。


さち
お言葉を返すようですが、一番の被害者は私の娘のちゃーちゃんですので。
では、失礼します。

こうでも言わないと、この義祖母に暴言を吐いてしまいそうになった。

状況を何も知らない人に対して、暴言を吐いたって結局悪者になるのは私なのだから、当時はその場を我慢。


私たちが話したいのは義両親だ。

呼び鈴を鳴らすと、「どうぞ、中へ」と。

私たち3人は、家の中に入った。
私はボイスレコーダーをオンにした。


父「今日伺ったのは、娘と孫の今後についての話をしたくて。
息子さんから話は伺っていらっしゃいますか?」

義父
いえ、何も聞いていません。

聞いてないんかい(笑)

義父
ただ、裁判の結果が出たことは聞いております。

裁判で決まった婚姻費用は、とりあえず払わなくてはいけないと本人に言いました。

いやいや裁判で決まったらまず未払い金は即日支払いが原則だからな!

義父
ただ、息子は今不安定な職についております。
息子から金が無いと言われまして仕方なく2ヶ月分のお金を息子に渡しました。息子からさちちゃんへ支払ったと聞いています

え?!!
未だかつて一度ももらってませんけど!!!!

この後、義父と義母の違いが明らかに

W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?