元旦那の過去を知るシングルマザーと逃げる元旦那への制裁/4-28話

そんなことより!!

私にはもう一つ切り札があるじゃないか。


そう…

ホストクラブへの密告


私は、ホストクラブに元旦那の所在を密告しようと内勤の木下さんに電話を掛けた。


しかし!!

この電話は現在使われておりません…」となり木下さんには繋がらなかった。


ならば

さち
ホストクラブに直に密告するしかない!
と、お店を検索すると…

え…ない!!!(笑)


不景気のせいか!?
そのホストクラブは、潰れてしまっていた…。

このホストクラブの社長が他に店を持っていたのか?働いていた人はどうしているのか…


私が知るすべはない。

私は密告する場所も失ってしまった…

潰れたものは仕方ない。



ならば、なぜ元旦那がこんな急に教師を退職する必要があったのかを考えてみた。


多分それは…


嫁となったシングルマザーはホスト時代の客だった!!

元旦那の過去を全て知っていると言っていた…


このインスタを見つけた嫁は元旦那の聞いていた過去とあまりに違うため、元旦那に事実なのかを問い詰めケンカになった可能性が高いのではないか…。


自分の非を認められない元旦那とのケンカによって別れたとすると…


ホストから教師に復職したことを知っているシングルマザーは、ある意味、裁判所で調停調書を作成した私より、学校やホストクラブの仲間に密告される可能性が高いと言える。


しかもホスト時代の客だったのだから他のホストと繋がれる可能性がある。


だから、シングルマザーの家から追い出されてすぐ、勤務先の学校を退職したといったところだろうか…。

そして、シングルマザーと別れた原因がこのインスタのせいだと理由をつけて、私への支払いをやめた!と言ったところのようだ。



そして…


裁判所で決定した500万円の債務のほとんど支払わないまま、学校を辞めて行方をくらませた元旦那。


キツイ制裁を期待していた読者フォロワーの皆様には申し訳ないが、現実は現在1円も入金が無い状態になっている。

私自身もっとキツイ制裁を望んでいたし、フォロワーの皆様もそうだと思う。



法律を越えて追い詰める方法もあるが…


私には出来なかった。

私には守るべき娘がいる。



正直な話、娘がいなければ警察に捕まろうが罰金を払わせられようが、とことん追い詰めたかもしれない。

でも、大事な娘を犯罪者の子どもにはできない。



だからこそ、このインスタで元旦那の悪行や信じられない行動をみんなに見てもらいたくて書いてきた。


元旦那は最後のLINEに

元旦那
見たくないと思っているがつい気になってインスタやブログを確認してしまう
と書いていた。

そして、毎回皆様のコメントを見てはご丁寧にLINEの一言にて
元旦那
そんなに俺が悪いのか??
と激しく落ち込み、そして
元旦那
病む
と書いていた。



元旦那への制裁は、このインスタで私と娘に起きたことを書くこと!元旦那がしてきた最低な出来事を公開すること!なのだと思う。


そして皆様が書いて下さるコメントを毎回元旦那が読むことで、激しく落ち込むことが、一番の元旦那への制裁になっているのです。


今現在もこのインスタを読み、コメントを見て怒ったり落ち込んだりしていることでしょう。


そして、これから…

W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?