もう一人じゃ抱えきれない情弱な私!!「情報は武器だ作戦」を始動します/08話

別人な旦那に歯が立たない私

最近何でこんなことが増えたのかな…。

今まで旦那と一緒に過ごしてきたけど、こんなにすぐに怒ったりする人じゃなかったし、感情まかせな行動も初めてだった。


しかも彼女って…。


あんなに束縛が激しくて女友達さえもほとんどいなかったのに…。

不倫だって?うちの旦那に限って、それだけは絶対ないと思っていました…。

私のことを大事にしてくれている態度に安心させられていた。

まるで別人になってしまった旦那へ

今さっきまで楽しく過ごしていたじゃん。
「帰りたい、ごめんね」って言ってくれたのに、何で?どうして?

これからは、またいつも通り三人仲良く暮らしていくと思っていたのに…。

照れ臭いことを言うけど、「大事な家族がいればそれだけで幸せじゃないか。あなたはそれを知っているはずだよ。」

ちゃーちゃんが起きないように、静かな声で震えながら泣きました。


私があなたに何かしたの?

「大っ嫌い」っていう旦那に言われた言葉が胸に刺さった。

「嫌いだ」なんて初めて言われました。

旦那の現状を分析だ

そういえば、出張が多くなったり残業が増えたのは、前の学校から移動して新しい学校に来てからだ。

私の旦那が勤務している学校は、教師になってから二つ目の学校でした。

前の学校では新任ということもあり、帰宅時間が遅くなることがありました。でも、土日に出張はなかった気がする…。

でも、学校によって方針が違うのかもしれないし…。

とにかく職場での情報がほしい…。

そういえば、移動した学校で

元旦那
今の職場は、堅物さんが一緒だよ。
昔のこともあるから仕事しにくいぜ。
と旦那がグチをこぼしていたのを思い出した。

同級生教師の堅物さん

堅物さん
さちさんと旦那くんとは、高校の同級生です。
高校時代は、生徒会で副会長を務めるくらい真面目でした。

彼女は真面目で規則に厳しい人だった。

高校時代の堅物さんは、悪ふざけをしている男子に注意をしている姿が印象的な人でした。

そんな彼女を旦那はけむたがっていました。

元旦那
俺はお節介で堅苦しい人は苦手だ

高校時代の文化祭で出し物をする際に意見がぶつかったらしく、それ以来は「頭の固い堅物」と彼女を呼ぶようになっていました。

もし、堅物さんが本当に旦那と同じ学校で働いているなら、学校での様子を教えてくれるかもしれない。

しかし同級生とは言え私は、堅物さんとは接点がなく連絡先すら知らなかった。

だれか堅物さんの連絡先を知っている人いないかな…

あっ!!あっくんに聞いてみよう!
私は、次の日あっくんに電話を掛けた。

幼馴染のあっくん

あっくん
さちとは、幼稚園から一緒で仲良し。
元旦那とは、高校時代から知り合い仲が良くなった。

しかも、あっくんは小学校の教師で堅物さんと同じ生徒会に入っていました。

共通点も多いため、もしかしたら堅物さんの連絡先を知っているかもしれないと思いました。

まとめると

旦那の情報を知らなさすぎる私に、旦那との状況を打破することは出来ないと判断しました。

旦那の情報を集めようと思いました。

幼馴染のあっくんから旦那の同僚である堅物さんの連絡先を入手する!

その堅物さんに協力をお願いして旦那の情報を手に入れる。

まずは、そこからだ

少しだけど希望の光が見えた。

W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?