サレ妻の調停(戦いが始まる)/50話

私は、小山弁護士からのアドバイスを受け、何とか不倫旦那である彼と戦う準備は出来たと思った。

シングルマザーは再婚したらダメ!?犠牲になる子どもと母親を忘れる女。

2019-10-13

婚姻費用分担調停の幕が開いた

裁判所の受付で名前を言うと、待合室へ案内された。

調停は、また別の部屋へ通されます。

子どもは連れて入れないので、私は事前にちゃーちゃんを母に預けて一人で行きました。

他の方も調停の順番を待たれていて、弁護士らしき人と話し合いの相談している人、私の様に一人の方もいました。

今まで味わったことのないような重たい空気…。

ノックされ、名前を呼ばれる。

「幸さん、こちらへ」

女性に名前を呼ばれ、後ろからついていく私。

すごく緊張していました。

部屋に入ると見た目70代位のお爺さんが座っていて、部屋まで案内してくれた女性がその隣に座りました。

女性は…。

「わぉ」

マツエクに白目が無いほどの大きいカラコン、化粧バリバリの女性。

若く見えたが多分50代後半かなぁ!?

先程の待合室とは比べ物にならないくらいの緊張感でした。

調停開始のゴング

女調停員
幸さんから約30分ほど話を聞かせていただいて、次は元旦那さんから話を聞きます。
おじいちゃん調停員
それを合計4回します。
話合いがまとまらず、長引くと判断した場合は審判へ移行します。
女調停員
私たちは中立な立場でいますのでどちらの味方もしません。

と説明されました。

ってことでまずは、私のターンだ!!

おじいちゃん調停員が私が提出した書類に目を通しながら、質問してきた。

おじいちゃん調停員
婚姻費用を申し立てられたのはなぜですか?
さち
婚姻費用を申し立てた理由は …。

私は書類に記載したことを簡単に説明した。

  • 勝手に家を出て行き、娘をほったらかして教師同士不倫
  • 生活費や児童手当を払われないこともあった
  • 相手側がどうしてもやり直したいと言ったが、何度も失踪を繰り返した
  • 現在、母子ともに情緒不安定である

時間が30分と限られているので、本当に手短に答えました。

私の主張としては、「離婚はしない、婚姻費用は10万円払え」でした

調停員二人の顔面ひきつる

話し終わった瞬間、調停員二人の顔は引きつり何も言えない感じでした。

おじいちゃん調停員
本当に教師なんですか?

女調停員
あなたもお子さんも精神的に辛かったですね

そりゃそうか。

誰が聞いても相手側がおかしいもんね、調停員さん話を理解してくれて良かった。

女調停員
次は、相手方が入って来られますので一度退席していただけますか?
先程の待合室でお待ちください。

私は待合室で待った。

最初に入った時よりも緊張感はほぐれていた。

相手方の話が終わるのを待つが…長い。

気づけば30分は遥かに過ぎていた。

50分ほど経ったところで、再度呼び出されました。

さち
絶対アイツか、弁護士が遅刻したんだな。
ルーズにもほどがある

としか思っていませんでした。

調停部屋に入るなり、女性の調停員が一言私にこう言い放ちました。

女調停員
旦那さんがすごくかわいそう
さち
what’s?

さらに女性調停員は、耳を疑うことばかり私に言い放ったのだ。

↓調停についてもう少し詳しく知りたい方はこちら↓

「離婚調停する前から戦いは始まっている!」1人で戦う人に読んで欲しい

2019-11-10


W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?