迫る「離婚調停での戦い」と「娘の異変」/49話

娘の担任の先生から声をかけられた。

自分も保育士をしていただけに、ただ事じゃないと察し緊張した。

担任の先生
最近お家でのちゃーちゃんの様子はどうですか?
さち
最近は、あまり園に行きたがらなくて…困っています。帰ってくるとケロっとしていますが…。
担任の先生
実は、最近ちゃーちゃんの様子がちょっとおかしいなと思いまして。

泣くことが多くなり、感情がコントロールできないことが多々あるんです。

入園当初は、少し不安定な部分がありました。

ですが、だんだん園を楽しみ、積極的でしっかりした子になり、担任として安心しておりました。

泣いている子がいると、すぐにかけつけ、私に教えてくれたりと優しくたのもしい子でしたので。
さち
いつも気にかけて下さりありがとうございます
担任の先生
ですが、最近は急に泣きだして、 おかしなことを言うんです。
ちゃーちゃん
みんな居なくなる
一人になるのが怖い
担任の先生
抱きしめて落ち着かせているのですが…。
どんどん増えているように感じております。

「こちらでサポート出来る事をしたくて、ご相談させてもらいました。」


知らなかった。

この子はこんなにも追いこまれていたのか。

話を聞くだけで涙が止まらなかった。


この子は、私に気をつかって言わなかったんだろうな。

さち
こんな小さな子どもに気をつかわせてしまう母親だなんて…。

この先生は、入園当初から、ちゃーちゃんのことをよく見てくれていました。


この先生になら事実を話せると思い、今起きている全てのことを話しました。

担任の先生
そうだったのですね…お母さん、精神的にもツラかったですね。

気づけずにすみませんでした。

今事実を知り、私もちゃーちゃんに対し、どう接すればいいか考えていきます。

みんなでちゃーちゃんを見守っていきましょうね。

さち
感謝しかないです。泣
担任の先生
お話して下さりありがとうございました。
このことは園全体でサポートしていきたいので、主任や園長にもお話してもいいでしょうか?

園長は入園の説明会でもお会いしていて、信頼できる方だったので承諾しました。

こんなにちゃーちゃんをみんなが一体となって守ろうとしてくれる園が他にあるのだろうか。

この子は、今転園してしまったら余計に傷つけ、取り返しのつかないことになるに違いない。

不登園になった娘/1「もう幼稚園に行きたくない」【48~49話】インスタ未公開裏STORY②

2020-05-05


離婚問題よりも、この子の精神状態を安定させる方が優先だと思った私。

娘がそんな状態になっている最中に1回目の調停が始まったのでした。

調停に関わる記事はこちら

「離婚調停する前から戦いは始まっている!」1人で戦う人に読んで欲しい

2019-11-10

W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?