サレ妻、不倫女教師と再会(和解金の半分を支払ってもらう)/29話

今日は、ゆる子と会う日だ。代理人と待ち合わせ、一緒に前回の喫茶店に向かう約束をしていた。

お店の中は、お客さんもいるため駐車場でやり取りをする約束をしていた。
(店内で大金を譲渡していたら怪しすぎますからね笑)

私の車に代理人を横に乗せて、喫茶店へ向かいました。
ゆる子は先に到着していて、車の中で待機していた。

まず今回受け取るのは300万円の半分の150万円。
残りの半分は二週間後に払うという決まりだった。

ゆる子
あの… これ。

分厚い封筒を渡すゆる子

代理人
では… 確認しますね

代理人がものすごい速さでお金を数えた。
す、すごすぎる。どれだけのお金を触ってきたんだろう。笑
慣れた手つきで150万円はあっという間に数えてしまって代理人。

代理人
確かに150万円ありますね。
次回は二週間後にまたここで待ち合わせしましょう

本当ならこれで解散予定だったし、ゆる子もそう思っていただろう。

私は、以前二人と話した内容で(元旦那とゆる子の話が違う)つじつまが合っていない事に納得がいかなかった。

さち
ちょっといい?
誕生日のとき何ももらってないんだよね?
堅物さん
はい、何ももらっていません

以前ゆる子からLINEの履歴を見せてもらった時に、私とちゃーちゃんの約束をドタキャンし、ゆる子との誕生日を祝っていた元旦那。

その場でゆる子に
「誕生日、元旦那から何かもらったの?」
と聞いたが
「遊びに出かけただけで何ももらっていません」と答えていた。

さち
ふーん。旦那は腕時計あげたって言ってるけど?え、まさか嘘をつく気?
不倫の時期も違うし、結婚式は話もしてないとか言いながら私の悪口を旦那に吹き込んだんだよね?
*反省する気ないとみて、このお金は受け取るつもりないけど

平然と嘘をつくゆる子だったが私の言葉で顔色が変わった。

*このお金は、ゆる子が私に裁判を起こされないために言わばお金で解決という形になった。なので一刻も早くこの件に決着をつけて、平穏な日常に戻るために今すぐに支払っておきたいお金であっただろう。

ゆる子
違うんです、ごめんなさい。
動揺しちゃって色々忘れちゃってたんです。
結婚式については人伝えで聞いたことを彼に喋ったかもしれません。不快に思わせてしまったのならすいません。
時計返します!ごめんなさい!

焦るように左手につけていた腕時計を外すゆる子

今つけてるやつかよ!笑
え!?ずっとつけていたの?笑
普通は、今日私と会うことが分かっているんだからせめてつけてこないだろっ。

しかし私の気持ちとは裏腹に
はい、と言わんばかりに腕時計を差し出すゆる子

「え?いりませんけど」
って思ったけど、今後の証拠として何かに使えるかもしれないから一応受け取る私。私も私だな!笑

その場で腕時計を外し渡せるゆる子もゆる子だな…。

代理人には、事前にゆる子と元旦那の言っている事の食い違いについて色々伝えていました。

しかし、意見が食い違っていても

記憶が曖昧でわからない
勘違いしていた

などと言われたら悪意とは言えず、慰謝料の増減には関係ないと言われた。
訴えた側の私もゆる子が悪意であることの証拠をつけて更に証明をするのは難しいそうだ。

さち
この前、誓約した内容に追加するから。
あなたが職場に異動願いを提出して、3月には異動すること。
ちゃーちゃんが小学生にあがるまでに、地元ではない遠方の学校にいくこと
堅物さん
…わかりました

納得いかないことばかりだが、釘をさすために再度制約事項を増やした

私にできる精一杯の制裁

名前
なんでも証拠ばっかりだな!!
私の感情も証拠にいれてくれー!!

W教師不倫の行く末、戦い続けたサレ妻の記録!法律は弱者を守るのか?